ようこそ「Paint Shop Pro講座★Paint Shop Pro入門ブログ マニュアル 初心者 操作 解説 使い方 講習 スクール」へいらっしゃいました!このサイトは、Paint Shop Proが今とっても気になっているとか、Paint Shop Proの大ファンだ!またはPaint Shop Proが大好き!Paint Shop Proの使い方操作解説マニュアルなどが欲しい!という方を対象に、様々な情報を提供していきます。最近はネットで各種情報を得られたり、通販ショッピングしたり、大変便利になりました。もちろん、Paint Shop Proの最新情報を見つけ次第こちらで紹介したいと思います。いろいろと長くなりましたが、当サイトは細々と更新していきますので、今後とも温かく見守って頂けるとうれしいです。
日本人男性の、約6割が悩んでます。それは・・・←クリック!
日本人女性の、約8割が悩んでます。それは・・・←クリック!
必見!おトクなバーゲン情報が満載です!!・・・←クリック!
激安格安ノートパソコン比較情報リンク集・・・←クリック!
★Paint Shop Pro 検索はこちら!★
TopPaint Shop Pro 紹介 >Paint Shop Proについて

Paint Shop Proについて

Paint Shop Proの使い方、Paint Shop Pro講習、Paint Shop Pro教室などPaint Shop Pro情報をお探しの方へ。まずはじめにPaint Shop Proの概要をご紹介します。(wikipediaより)

Paint Shop Pro(ペイントショッププロ)はコーレル社が販売するMicrosoft Windows用画像処理ソフトウェアである。1万円台という低価格で提供されている。

概要
Paint Shop Proはレイヤー機能やフィルタなどをはじめとしてコンピュータグラフィックスに要求される様々な機能を搭載した多機能なWindows用グラフィックソフトであり、同様のソフトとしては安価な部類に入る。 また、mngやgifアニメといったアニメーションの作成用にAnimation Shopという別ソフトが付属していた。(現在は開発停止になっている)

安価に入手でき、ラスター(ラスター画像)・ベクター(ベクトル画像)の両形式をサポートし、多機能である一方、搭載機能はシンプルかつカスタマイズ性に富み、使用者のスキルによって非常に高度な使い方ができるため、ドット絵から本格的なイラストレーションの作成やフォトレタッチまで行えるという事で人気である。

特に、初期バージョン(バージョン7まで)の軽量さ、特に起動の早さは秀逸で、対応画像フォーマットの多さと相まってビューワとしても使用するユーザもいたほどである。 軽快さやその質はバージョンによって大きく異なり、最新版では高/多機能化されている反面、軽快さが失われている。

最新のバージョンでは高/多機能化がすすみ、拡張子対応数が50種以上("古い"GIFにも対応)、1000件まで残る履歴、スクリプトの作成・適用など、他の高価なソフトに匹敵するような機能をも盛り込んでいる。 また、それまではほとんど対応されていなかった印刷向けの機能も導入されつつある。

バージョンによる変遷
バージョン1.xはNIFTY-Serve(現@nifty)やPC-VAN(現Biglobe)等のパソコン通信のシェアウエア・ライブラリから入手できたが、当時は国内でのサポートが無いことと海外に送金する必要があることがネックとなり、レジストしないまま最小限の機能だけで使用しているユーザが多かった。

バージョン2からは、当時メッツが発売していたベクター系の低価格グラフィックツールG.CREWなどの同梱ソフトとして英語版を入手可能だった。この頃はフォトレタッチやトリミング作業に機能が絞られていた。また、当時としては対応ファイル形式が多いソフトという性格も持っていた。このころは本格的な画像作成やフォトレタッチなどは他のソフトを使用するが、簡単なトリミング作業やビューワーには Paint Shop Pro という使い分けをするユーザもいた。

バージョン3では待望のペイント機能を追加、日本語版も単独パッケージとしてメッツより発売された。その後、バージョン5でレイヤー機能の追加、バージョン6ではベクターグラフィックスへの対応が行われた。これらのバージョンアップにより軽快さは少々損なわれたものの、より総合的な画像作成・レタッチツールへと進化。当時の同カテゴリにあったソフトと比べ、軽快かつシンプルな操作性と、低価格ながら必要十分な機能を備えた完成度の高いソフトウェアであったといえる。

しかし、バージョン7から8にバージョンアップする際、 コードが大幅に書き直され、より高度な機能を搭載するようになった代わりに軽快な動作が失われた。 このバージョンアップは操作性なども大幅に変わっており、 同一ソフトの後継バージョンというよりは同じ名前を持った別ソフトになったと言っても過言ではない。

バージョン9では機能の追加とともにコードが洗練されたためか8よりは重さを感じなくなった。 X(10)は後述するCorelに買収後初のバージョンということでわずかな機能追加のほかは大きな変化が無かった。 XI(11)では新OS、Windows Vista対応が計られ、それまでとは方向性の違う各種機能を搭載したこともあり、さらに動作が重くなっている。 新OS(Windows Vista)への対応では、ここ数年にないユーザのハード面・ソフト面での大幅な環境変化があり、実際に新OSが普及するころにはそれらも安定し、重い・軽い議論はまた変わってくることであるが、ここで記述しているのはソフト発売時での評価である。

グラフィックスイートとして必要十分な機能をそろえながら、軽快さを保っていたバージョン6,7は未だに非常に評価が高く、再販やバージョン7からの正当なバージョンアップ版(バグフィックスと最新OSやマルチコアCPU対応などを付加したバージョン)を求める声もある。

しかし、販売会社が変わり、旧P&Aからユーザー登録が移行されてないこともあり、その声がコーレルに届いているかは定かではない。 また、旧計算方式のまま以前の軽快さを含め、マルチコアCPUの対応などは無理との声もある。

また、バージョン8以降、バージョンアップの周期が短くなりほぼ毎年に行われるようになる。 しかしそれまでとは異なり、バージョン7の時点ですでに完成度の高いソフトであり、アーキテクチャの変更のあったバージョン8以降は、装飾的な付加機能の追加が主で、有用な機能の追加や操作性等の大きな改善は少なく、目的の機能が無い限り積極的にバージョンアップを行う必然性は下がっている、との声もある。また、バージョンアップの周期が短くなった影響か、バグが複数のバージョンにわたって放置される事態も起こっている。(例:インストーラのレジストリ設定の不備によってエクスプローラからのファイルオープンができないという、単純で致命的かつ解決方法もユーザ間コミュニティで明確にされているバグが放置されている) ただし、新しいOS環境などに対応していくには新バージョンを手に入れなければならない必要性もあり、旧来のファンの中にはバージョン7以前と8以降を両方インストールし、用途によって使い分けている者も少なくない。




posted by Paint Shop Pro at 17:16 | Comment(0) | TrackBack(1) | Paint Shop Pro 紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

IBM ホームページ・ビルダー11 通常版 ガイ
Excerpt: ホームページ作成ソフトとして有名なので購入しましたが、はっきり言って使いにくいです。やりたいことをするのに、どうすれば良いのか全く分かりません。初めて購入しましたが音声ガイドなどがあり、素晴らしいと思..
Weblog: グラフィックのレス
Tracked: 2007-09-27 22:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。